プレスリリース2020.08.03

VR視線追跡技術のFOVE 、調剤薬局大手アイセイ薬局 の店舗にて、世界初VR内の目線だけで認知機能評価が 可能な『認知機能セルフチェッカー』の設置を開始

株式会社FOVE(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:小島由香、以下「FOVE」)は 、 VRヘッドセットを覗き込むだけで認知機能評価が可能な『認知機能セルフチェッカー』のサー ビスの設置・提供を大手調剤薬局チェーンである株式会社アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:藤井江美、以下「アイセイ薬局」)にて開始致しました。国内370店舗以上の店舗ネットワークを展開するアイセイ薬局と連携し、まずは首都圏を中心に アイセイ薬局グループの30店舗においてFOVEが提供する『認知機能セルフチェッカー』を店舗内に設置致します。ご来局される方々が処方薬を待つ時間等を利用して、認知症予防の一環として定期 的・継続的な認知機能のセルフモニタリングを可能とするサービスを提供してまいります 。

日本における2020年の認知症有病数は約600万人とされ、また認知症の一歩手前の状態であるMCI*1(軽度認知障害)の方々も含めると既に1,000万人を超えると推計されています*2。さらに2030年には世界で約8,000万人、日本においても約700〜800万人程度に有病数が増加すると推計される中、厚生労働省では『新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)』*3が策定され、認知症との共生と予防に対する指針が発表されており、大きな社会問題として捉えられています。

 

このような情勢の中、FOVEは自社で製造する視線追跡技術を搭載したVRヘッドセットを使用し、利用者の『目の動き』を追跡し、取得したデータを解析することで、わずか3〜5分程度で認知機能を測定することができる世界初の取り組みを始めました。また、FOVEの視線追跡技術はその精度において、世界最高峰の技術水準を有しており、精度の高い測定結果の提供を可能としております。

 

認知症においては、発症・進行の前段階において適切な措置を講じることで一定の回復が見込めるとの報告もあり、対策・治療は、早期であればあるほど効果が高いとされています。本サービスは、アイセイ薬局に来店される認知症発症前の方々(MCI除く)であれば、どなたでも無料(注1)でご利用頂くことができると共に、測定後には専用WEBサイトへの登録を通じて、認知症専門医のコラムや測定結果の履歴等、様々な関連情報をご確認頂くことが可能となっております

(専用サイト)  https://fove-inc.com/solution/healthcare/

 

今後は、アイセイ薬局でのサービス導入店舗数の拡大を検討していくと共に、他の調剤薬局チェーンをはじめとした様々な施設への設置を広げていく予定です。認知症の早期発見を促す機会を多くの方々に提供していくことで、将来、認知機能の低下によって苦しむ方々を低減させることに少しでも貢献できるよう、今後ともサービスの向上に努めてまいります。

 

 *1  MCI : Mild Cognitive Impairment(軽度認知障害)認知症とはいえないが、知的に正常ともいえない発症の一歩手前の状態

   *2.3 参考 : 厚生労働省老健局『認知症施策の総合的な推進について』。2017年7月には新オレンジプラン改訂版も発表。

 (注1) : 緑内障、白内障及び著しい視力低下の症状がみられる一部の方はご利用頂けない場合があります

 

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社FOVE FOVEヘルスケア事業部 マネージャー 仁科

E-mail:yoichiro.nishina@fove-inc.com

TEL     : 03-5577-5585

 

◆株式会社FOVEについて

社名   : 株式会社FOVE

設立   : 2014年5月

代表取締役: 小島 由香

事業内容 : VR(仮想現実)に関するウェアラブルハードウェアの開発,製造,販売 及び関連ソフトウェアの開発、製造、販売

Webサイト :https://www.fove-nc.com

 

◆株式会社アイセイ薬局について

社名   : 株式会社アイセイ薬局

設立   : 1984年9月

代表取締役: 藤井 江美

事業内容 : 調剤薬局事業

グループ企業として、介護福祉事業、不動産管理事業、人材事業

Webサイト : https://www.aisei.co.jp/

Latest News

Home  >News  >VR視線追跡技術のFOVE 、調剤薬局大手アイセイ薬局 の店舗にて、世界初VR内の目線だけで認知機能評価が 可能な『認知機能セルフチェッカー』の設置を開始