家族信託サービスの提供開始-認知症による資産凍結を防ぐ

株式会社グットライフパートナーズは、5月17日、家族信託の設計からサポートまでを行うサービス『信託先生』の提供を開始。

同社は信託サービスの提供により、認知症による資産凍結を未然に防ぐことを目標として掲げている。

第一生命経済研究所が行った推計によると、2030年時点で認知症の方が保有する金融資産は215兆円、住宅は280戸にのぼります。

認知機能が低下した状態で金融機関手続きや不動産売却を行うのは困難であることから、認知症の増加は、資産凍結や空き家の増加を引き起こすことが示唆されています。

認知症の発症などによる認知機能の低下に備え資産を家族に託すことができる仕組みとして家族信託がありますが、非常に高額であることとアフターサービスが足りないことが問題視されている中、同社は以上のような問題を解決するために、家族信託の設計から契約後のサポートまでを低価格で行うサービス『信託先生』の提供を開始。

『信託先生』を利用することで、認知症の方や認知症の方の家族が、従来よりも簡単に低価格で家族信託を始められること、サービスの普及によって資産凍結や空き家の拡大などの問題が解決に向かうことが期待されるとのこと。

また、以下の記事を読んで「認知症の資産凍結を事前に防ぐ方法」や、「凍結される理由」などをもっと詳しく知りましょう

出典:家族信託の設計から契約後のサポートまでワンストップで行う総合信託サービス『信託先生』提供開始|株式会社グッドライフパートナーズのプレスリリース

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-認知症最新ニュース

関連記事

大手薬局チェーン・アイセイ薬局にて「認知機能セルフチェック」サービスを提供開始

大手薬局チェーン・アイセイ薬局にて「認知機能セルフチェック」サービスを提供開始 株式会社アイセイ薬局は、2020年8月1日より株式会社FOVEが提供する、VRヘッドセットを覗き込むだけで認知機能評価が ...

認知症患者の預金引き出し、代理権ない親族も条件次第で可能に

認知症患者の預金引き出し、代理権ない親族も条件次第で可能に   一般社団法人全国銀行協会(以下、全銀協)は、2月18日に認知症患者の持つ預金の引き出しに関しての新しい指針を発表しました。 & ...

エーザイの認知症治療薬「アデュカヌマブ」、米FDAによる承認審査が3ヶ月延長

エーザイの認知症治療薬「アデュカヌマブ」、米FDAによる承認審査が3ヶ月延長   エーザイと米バイオジェン社が共同開発するアルツハイマー型認知症治療薬候補の「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局( ...

認知症の原因物質「タウタンパク質」が脳から除去される仕組みを解明 東京大学

認知症の原因物質「タウタンパク質」が脳から除去される仕組みを解明 東京大学 東京大学大学院医学系研究科の研究グループは、アルツハイマー病をはじめ、様々な認知症性疾患の原因となるタウタンパク質が脳内から ...