60代の生命保険料の平均は?60歳からの保険のあり方を考える

60代は生命保険の支払いに毎月どの程度の金額を払っているのでしょうか。60代は健康のリスクがますます高まり、将来的には介護を受ける可能性についても想定し始めなければならない年代です。様々なリスクに備えるために保険を活用したいとは思っていても、一方で保険料の負担も気になることでしょう。この記事では、60代の生命保険料の平均額や加入状況を見ながら、60代における保険の必要性や、どのように保険を見直していけば良いかを解説します。

60代からの生命保険

60代の生命保険加入率

生命保険文化センター令和元年度「生活保障に関する調査」によると、60代の生命保険加入率は、男性で82.9%、女性で84.5%です。全年齢平均(男性81.1%・女性82.9%)をわずかに上回る加入率で、60代も依然として多くの方が生命保険で万が一の時に備えていることがわかります。

一般的には60歳になると定年退職を迎える方が多く、これに伴って家計状況も大きく変化していきます。60代になったら、家計の負担となりうる保険への加入は不要だとも一方では言われる中、将来の病気や介護に関する不安を解消するために、保険をどう活用したら良いのかを考える必要があるでしょう。

60代の生命保険料の平均は?

60代の生命保険加入状況についてさらに詳しく知るために、60代が実際に支払っている生命保険料の月額平均とその傾向を見てみましょう。

60代の男女別生命保険料平均

生命保険文化センター令和元年度「生活保障に関する調査」によると、生命保険料の平均額は、60代男性で月額換算17,500円、60代女性では14,500円で、男性の方がやや高くなっています。要因としては、同年齢であれば女性の方が保険料自体がもともと低額に設定されている商品が多いことや、家計を担うのが主に男性であるケースが多いことなどが影響していると考えられています。

なお、現役世代の50代が支払っている保険料は月額換算で男性24,417円・女性17,167円で、全世代を通じて最も高額です。60代になると男女ともに下がります。

60歳で50代より保険料平均が下がる理由

60歳になると50代よりも保険料が下がる理由は、60代での保険料払込満了や、ライフステージの変化により保険を見直していることなどが背景にあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

保険料払込期間の満了

生命保険料の払込期間は、定年のタイミングとなる60歳や65歳という節目になる年齢に合わせて設定している人が多いです。60代になると保険料の支払いがなくなる人が一定数いることが、平均額の低下に関係していると考えられます。

60歳時点での保険の見直し

60歳で定年退職を迎えることをきっかけにして、ライフステージに合わせて保険を見直す人も少なくありません。現役時代よりも収入が下がるケースが多いことから、保険料負担の大きな保険を見直した結果、保険料平均が下がっていると考えられます。

60代が生命保険料を決める際のポイント

60代に必要な保障

将来の生活資金も、病気や怪我に対する安心も確保したい60代は、どのように生命保険と付き合っていけば良いのでしょうか。60代が生命保険料をいくらに設定するかを考える際のポイントは、最低限自分にとって必要な保障を満たしているか、生活設計上無理なく支払える保険料であるかの2点です。

必要な保障を満たしているか

保険は、一般的に保障が手厚くなるほど支払保険料が高額になっていきますので、60代で備えるべきリスクを知った上で適切な保険を選ぶことが必要です。そこで、生命保険の主な保障内容である、死亡保障・医療保障と、年齢を重ねるごとに重要性を増す介護保障について60代が押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

死亡保障

まず、死亡保障の目的を明らかにした上で、必要な保障を検討します。死亡保障の目的のひとつは、残された家族への経済的な生活保障です。60代になると、すでに子供が独立している方が多いでしょう。その場合には、それまで必要であった子供への養育費を目的とした高額な保障を持つ必要性はなくなりますので、死亡保障は葬祭費用をまかなえる程度の金額があれば十分です。

ただし、資産を有する人は相続税対策として生命保険を活用できますので、高額な保障設定も意味がありますが、すべての生命保険が相続税対策として有効というわけではありません。保険の種類や保険料の支払方法などに注意点がありますので、専門家へよく相談することをおすすめします。

医療保障

60代に入ると健康のリスクはますます高まります。日本の保険制度では、医療費の多くは公的保険でまかなうことが可能です。高額療養費制度により月の支払額は上限が定められており、自己負担も一定額で済みます。そのため、医療保障は必要ないという考え方も否定できません。

しかし、実際に医療を受ける際には、公的保険の対象外となる費用も発生します。たとえば、通院のためのタクシー代や入院の際の差額ベッド代、先進医療費などです。これらの費用が思わぬ高額になることも十分に考えられますので、保険で備えておくことが重要になります。特に60代の方は、長期化しやすいがんや生活習慣病における保障内容が十分であるかを確認しておきましょう。

60代になって医療保険に新規加入する場合、保険料が高額になります。また、すでに持病があると加入できる保険が限られる点に注意が必要です。現在の家計の状態と保障内容をよく比較した上で加入を検討しましょう。

介護保障

60代になれば、将来の介護についても徐々に考えておく必要があります。介護には公的介護保険が利用できますが、あくまでも利用したサービス費用の一部を補填するという形式であり、介護費用をすべてまかなえるわけではありません。また、公的介護保険の適用外となる家事代行費用やおむつ代などの介護用品の費用なども発生するため、経済的に大きな負担が発生します。

介護が必要になった際により充実した介護サービスを受けたい、家族へ大きな負担をかけたくない場合などには、民間の介護保険で備えておくのがおすすめです。

介護保険には、所定の介護状態になった場合に年金として受け取れる商品や、一時金が受け取れる商品などが様々ですので、各々のニーズに合わせて選択すると良いでしょう。

無理なく払える保険料に設定する

60代は定年退職後、再雇用もしくは年金受給というタイミングとなり、収入も大きく変化します。現役時代と同じようにお金を使っていては、家計が破綻する可能性もあるのです。これまで高額で手厚い保険に加入していた場合も、保険料が支払えなくなっては意味がありませんので、無理なく払える保険料に設定することが必要です。保険料の設定は年収の10%以下を目安にすると良いでしょう。

保険料の支払いが負担に感じる場合には、無理をして手厚い保障の保険に加入するのではなく、貯蓄でまかなうという方法もあります。保有している資産状況も考慮した上で、必要な保険・保障を考えていきましょう。

保険選びは代理店で専門家に相談

専門家に無料相談

病気や介護など様々なリスクに備えるために、老後の生活設計を考える上で保険は必要不可欠なものです。60代に入ったときに果たして自分に保険は必要なのだろうか、今の保障で十分なのだろうかと不安に思ったら、保険代理店での無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

代理店では、保険の専門家が複数の取扱保険会社の商品からその人にあった保険プランを中立の立場で提案してくれます。もちろん、複数の保険会社の商品を組み合わせて必要な保障だけに絞れるので、出来るだけ保険料を抑えたいというニーズにも応えることが可能です。

相談は、店舗での対面相談のほか、オンライン・電話・訪問など様々な手段が用意されています。一人で悩む前に是非一度無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

60代こそ保険についてもう一度考えましょう

60代は、現役世代から老後へとライフステージが大きく変わるタイミングです。60歳で生命保険の更新を迎える人もいるでしょう。

老後を安心して過ごすには、経済的に無理のない範囲で保険をもって備えておくことが大切です。必要な保険は、年齢やライフステージに応じて変化します。今加入している保険や今後も継続した方が良い保険、新たに備える保険など、保険会社各社の様々な商品を比べながら自分に一番適したプランを作るためにも是非専門アドバイザーに相談することをおすすめします。

※本記事で記載されている内容は、専門家によって見解が異なることがあります。

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-認知症に備える

関連記事

40歳
介護保険は40歳から全員加入!利用できるのはいつから?保険料は?

本人あるいはご家族が介護サービスを必要としたときには、条件を満たせば公的介護保険が適用され、自己負担は実際に掛かった介護費用の1~3割に軽減されます。それでは、公的介護保険はいつから加入するのか、利用 ...

認知症に備える

2022.01.31  

豊かな老後生活
60代にとってのがん保険の必要性とは。選び方とおすすめの相談先まで解説

2人に1人が罹患すると言われている”がん”について、60代あたりを境に、がん保険の必要性について悩む機会も増えてくるのではないでしょうか。長期化しやすく経済的な負担も大きいがん治療への備えについて、し ...

認知症に備える

2022.01.31  

dementia
親のための民間介護保険は必要?親介護保険の比較とチェックポイントを解説

万一、親が突然倒れてしまうことや、大きな病気にかかってしまうリスクを考えると、子供として親のための民間介護保険に入るべきか悩む方も多いことでしょう。この記事では、親介護保険が必要となるケースや、介護保 ...

認知症に備える

2022.05.04  

老夫婦
認知症の賠償責任保険とは。保険の内容と選ぶ際のポイントを解説

「認知症を発症した家族が事故を起こしてしまったらどうしよう」「賠償責任保険に入っておいた方が良いのだろうか」ご家族に高齢者や認知症の方がいらっしゃると、高齢者による事故のニュースを耳にするたびに心配に ...

認知症に備える

2022.02.01  

朝日生命の保険について調べている本
朝日生命の認知症保険の特徴とは。保障内容・料金・サービスについて解説

朝日生命では、認知症保険としてあんしん介護認知症保険を販売しています。あんしん介護認知症保険は、認知症を発症した際に年金もしくは一時金のどちらかで保険金を受け取ることができ、さらに軽度認知障害保障特約 ...

認知症に備える

2022.02.01