フォーブヘルスケア


人生100年時代を迎えた今、
認知機能セルフチェックをあたりまえの世の中に。

人生100年時代を迎えた今、
認知機能セルフチェックを
あたりまえの世の中に。

2030年の認知症有病数は、世界で8000万人以上。高齢化の進む日本でも
830万人もの方が発症すると予想されており大きな社会問題となっています。
現時点では認知症発症後の根本的な改善方法は確立されておらず、ご本人だけでなく
ご家族も含めて多くの方が苦しんでいらっしゃいます。

「将来、認知機能の低下によって苦しむ方々の数を少しでも減らしたい」そうした思いから
私たちはこの「認知機能セルフチェック」サービスの提供を始めました。
発症前の段階で定期的・継続的なモニタリングをして頂くことで改善可能な段階での
早期発見の機会をご提供し、予防に効果的な情報を少しでもご提供することで
今後のより良い社会の実現に向けて貢献してまいります。

2030年の認知症有病数は、世界で8000万人以上。高齢化の進む日本でも 830万人もの方が発症すると予想されており大きな社会問題となっています。
現時点では認知症発症後の根本的な改善方法は確立されておらず、ご本人だけでなく ご家族も含めて多くの方が苦しんでいらっしゃいます。

「将来、認知機能の低下によって苦しむ方々の数を少しでも減らしたい」そうした思いから 私たちはこの「認知機能セルフチェック」サービスの提供を始めました。
発症前の段階で定期的・継続的なモニタリングをして頂くことで改善可能な段階での 早期発見の機会をご提供し、予防に効果的な情報を少しでもご提供することで 今後のより良い社会の実現に向けて貢献してまいります。

認知機能セルフチェックとは? セルフチェック3つの特徴 チェック内容紹介 ご利用の流れ

認知症セルフケアチェックとは



認知症セルフケアチェックとは

あなたの「目の動き」をVRの中で追跡します。
追跡したデータを解析することで簡便かつ客観的に認知機能を評価することができるこれまでに無い新しい測定方法です。

視線追跡技術(Eye-Tracking)と認知機能評価のタスク映像を組み合わせ、独自のアルゴリズムによって認知機能を定量的に算出するものです。
本セルフチェックでは、筆記による回答や人との応答などは一切必要ありません。
認知症の専門医監修によって開発されたテスト内容で、VR映像を3分間ほど眺めるだけで簡単に測定することが出来ます。
従来の認知テストに比べて実施時間が短く、負担を軽減します。

認知症セルフケアチェック3つの特徴

認知症セルフケアチェック
3つの特徴

たった3分間で手軽に出来る
本格的な認知機能チェック

VRヘッドセットを利用した
今までにない全く新しい計測方法

受け答えも筆記も必要なし!
視線だけで測定可能な簡易チェック

認知機能セルフチェック監修医のご紹介

認知機能セルフチェック
監修・執筆医のご紹介

水上 勝義 氏

筑波大学大学院 人間総合科学学術院教授、
精神科医、医学博士

認知症の予防、早期診断、治療、リハビリテーションなど認知症に関する数多く
の研究と実践に精力的に取り組んできた。日本認知症学会、日本介護予防・健康
づくり学会、日本老年薬学会、日本高齢者ケアリング学研究会、日本認知症予防
学会など認知症に関わる多くの学会で役員を務め指導的な立場を担っている。

認知機能セルフチェック
内容のご紹介

注意力

空間認識力

記憶力

計算・言語力

認知機能セルフチェック
ご利用の流れ

ステップ1

認知機能セルフチェッカー設置店舗へ往訪

ステップ2

セルフチェックを行い、測定結果を受け取る

ステップ3

個人アカウント情報を登録する

ステップ4

定期的(3~6ヶ月毎)にセルフチェックを行う

ステップ5

認知機能低下の予防・改善行動の促進

認知機能
セルフチェックを、

体験をご希望の方
個人の方はこちら

設置および広告配信をご希望の方
法人の方はこちら

認知機能セルフチェックを、

体験をご希望の方
個人の方はこちら

設置および広告配信をご希望の方
法人の方はこちら

認知機能セルフチェックを、

体験をご希望の方
個人の方はこちら

設置および広告配信をご希望の方
法人の方はこちら