FOVE Gaze Analyzer

バーチャル空間の視線を記録する
視線分析ソフトウェア

「FOVE Gaze Analyzer」は、人の視線の動きを分析したいと考える皆様をサポートするアプリケーションツールです。

VRに関する専門的な知識やプログラミング技術がなくても、アプリをインストールしたその日から視線分析をすぐに始めることができます。従来の視線分析に不可欠であった莫大なコストと手間は必要ありません。

視線の動きを視点マーカーや色彩を利用して定性的に表現するだけではなく、定量的な評価まで自動で行うことであなたの分析作業の効率化を図ります。「FOVE Gaze Analyzer」は視線分析をビジネスや学術研究に活用するためのエントリーツールとして、教育分野やマーケティング・建築業界など様々なフィールドでその可能性を広げています。

Feature

主な機能一覧

ヒートマップ分析

視線分析の方法で最もポピュラーな「ヒートマップ」は、ユーザーの注視エリアを色の濃淡で可視化します。視認性が高いため、分析結果を動画や静止画のイメージとして見せたい場合に有効です。

ヒートマップ・グループ分析

複数ユーザーのヒートマップを重ね合わせる分析方法です。同じVR環境でユーザーの視線の動きを同時比較することで、より直感的にユーザー毎の視線の違いを表現できます。最大4グループまで同時比較が可能です。

ゲイズプロット分析

「ゲイズプロット」分析はユーザーの視線の動きの順番を可視化します。ユーザーがVR環境の中でどの順番で注意を向けたかが重要指標となる場合に有効な分析手法です。

興味・関心領域(AOI)分析

VR映像内に任意の興味・関心領域(Area of Interest)を設定することで、映像が始まって何秒後にユーザーの視点が領域内に入ったか、領域内に視線が何秒間留まったか等、視線分析に有効な複数の指標が定量的に算出できます。

例えば、VR研修の前後比較において、課題に対しての理解度や達成度をスコア化してフィードバックしたり、広告評価のA/Bテストでどちらの広告がより注目度が高いかをスコア化するなど、視線データを数値を使って比較したい場合に有効な分析手法です。

データ出力機能

視線情報の分析はアプリ内だけでの表現に留まらず、さまざまな形でファイル出力して自由に活用することが可能です。

例えば、CSV形式で視線情報の生データを表計算ソフトへ落として統計分析をしたり、MP4形式で映像出力してプレゼン資料に組み込むなど、視線分析のデータ活用の場がより広がります。
Case

導入事例

ユーザーリサーチ

視線追跡を用いた分析は小売店の棚割や消費財メーカーのパッケージ評価、または車のデザイン評価など幅広い分野において活用されてきました。被験者の視線を録画・分析する事で、その人が無意識の内に注意を向けたポイントを客観的に評価する事ができます。従来の方法で評価を行うためには実際の売り場や車体モックアップを用意する必要がありましたが、VRを用いる事でバーチャル空間上に360動画、またはCGモデルを配置するだけでセットアップが完了し、調査コストの大幅な削減が可能になります。

VRトレーニング

あるタスクの処理をベテランと初心者で比較した際、注意を向けるポイントに差があることがあります。ベテランは長年の経験から効率の良い意識の向け方を会得していますが、そのノウハウは暗黙知として伝承が難しい領域とされていました。FOVE Gaze Analyerで視線を可視化し、ベテランと初心者の視線の差異を分析することで注意を向けるべきポイントがわかり、ベテランの技術伝承を効率よく進めることが可能になります。

不動産

建築物の様に物理的に動かせない対象物の評価を行う際、従来のリサーチ手法ではユーザーが直接現地に移動する必要がありました。これには移動に伴う時間、費用、場合によっては宿泊費など多くのコストがかかります。VRを活用することで調査対象である空間に瞬間移動し、ユーザーが見たものを評価できるバーチャル空間の視線評価はこれら移動にかかるコストを削減できるメリットがあります。

Plans

料金プラン

まずはお試しでご利用したい方はこちら!
スタンダードプラン
レンタルプラン
月額49,800
月額79,800
(初回契約6ヶ月)
(初回契約3ヶ月)
ヒートマップ分析
ヒートマップグループ分析
ゲイズプロット分析
関心領域分析
CSV出力(視線情報)
MP4出力(分析動画)
【必要機器】
VR対応ノート型パソコン(※)
【必要機器】
「FOVE0」ヘッドセット
※レンタル機器は「Lenovo社​IdeaPad Gaming 350i​​​」あるいは同等スペックのノート型パソコンとなります。
担当者が商品のご案内、お見積もりをご提案致します。
お気軽にお問い合わせください。

その他のサポート

カスタムサービス
【料金ご相談】
視線分析の手法について、お客様のビジネスや研究内容に合わせた機能追加も可能です。ご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。
撮影サポート
【料金ご相談】
お客様のご要望に合わせまして、360度動画の撮影/スティッチング作業/編集を行います。ご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。
FAQ

よくある質問

市販の360度カメラで撮影した動画を本アプリケーションで使えますか?

はい。MP4形式の360度動画であればどんな映像でも表示可能です。一方で、撮影した360度映像データはスティッチング作業を経てMP4形式へ出力されるのが一般的ですので、撮影した生データの映像形式ではアプリ内で表示できない場合がある点はご注意下さい。

2次元の平面映像(静止画像も含めて)も本アプリケーションに利用できますか。

はい。360度形式だけでなく、2次元の平面映像も利用可能です。

本アプリケーションに別の視線分析手法を追加する等の相談/リクエスト等は可能ですか?

はい。本アプリは、ご利用頂いているお客様の声を反映させて常にバージョンアップを行っております。視線分析に関する研究内容や実現したいサービス等を可能な範囲でお聞かせれば、弊社から最適なソリューションをご提案させて頂きます。こちらからぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

本アプリケーションと必要機器の購入検討の為に、短期間で試してみたいのですが提供可能ですか。

まずは本アプリの使い勝手を見てみたいという方の為に必要機器を全てワンパッケージにした「レンタルプラン(3ヶ月契約)」をご用意していますので是非ご検討下さい。

他社のVRヘッドセットでも本アプリケーションの利用は可能ですか?

本アプリは弊社VRヘッドセット「FOVE0」でのみ利用可能なソフトウェアとなります。弊社VRヘッドセットも併せてご購入を検討される場合はこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

360度動画の撮影経験がありませんが、撮影の協力も依頼可能ですか。

はい。撮影内容に関して可能な限りご共有頂ければ、お見積も含めまして弊社から提供可能なご提案をさせて頂きます。こちらからぜひお気軽にお問い合わせ下さい。