軽度認知障害(MCI)

軽度認知障害(MCI)と認知症の違いとは?症状、原因、予防法などを詳しく解説

家族や周囲の人が最近、物忘れが増えたと感じたことはありますか?   一般的に言われる物忘れは通常の老化現象の一部とされますが、それが軽度認知障害(MCI)や認知症の初期段階である可能性も考え ...

MCI(軽度認知障害)とは?定義や検査方法について紹介します

  皆さんは認知症の前兆である「MCI」をご存じでしょうか?   高齢化による認知症の有病者増加の懸念からMCI(エムシーアイ)という言葉が紹介され始めましたが、この言葉を正しく理 ...

AIが軽度認知障害から認知症への進行可能性を予測、成功率は最大88%

  AIが軽度認知障害から認知症への進行可能性を予測、成功率は最大88% 富士フィルム株式会社と国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターは、AI技術を用いて、軽度認知障害(MCI)患者 ...

最新のコラム

関連記事

喫煙が認知症の発症リスクを高める?非喫煙者は認知症リスクが低い?受動喫煙や頻度の関係、禁煙対策についても

  厚生労働省によると、喫煙は成人の主要な死因であり、全がん、慢性呼吸器疾患、糖尿病、歯周病、循環器疾患などの病気を引き起こすとされています。   これらの疾患に加えて、喫煙が認知 ...

高血圧が認知症の発症リスクを高める?薬や予防につながる対策とは

認知症は、2025年には患者数が約675万人に達すると予測されています。 また、生活習慣病の一つである高血圧患者は現在約4300万人いると推定されています。 認知症と高血圧の患者数は、どちらも高齢化を ...

長時間の座りっぱなしが高齢者の認知症リスクを増加させる?

世界保健機関(WHO)によると、日常的な長時間の座りっぱなしは、高血圧、脳卒中、心疾患、糖尿病など、様々な病態を引き起こすと警告しています。 これらの病態のみならず、最近のコホート研究では高齢者の長時 ...

AIが軽度認知障害から認知症への進行可能性を予測、成功率は最大88%

  AIが軽度認知障害から認知症への進行可能性を予測、成功率は最大88% 富士フィルム株式会社と国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターは、AI技術を用いて、軽度認知障害(MCI)患者 ...

【2023年最新】認知症リスクを高める11の要因。認知症の要因を把握対策。

  少子高齢化が社会問題となっている日本では、認知症患者数の増加が年々懸念されています。   現在、認知症は根本的に治療できない病気であるため、一度発症してしまうと、持病として進行 ...