60代からの生命保険(死亡保険)事情!加入のポイントも紹介

60代の方は、どの程度の保険金の生命保険(死亡保険)に加入しているのでしょうか。また、60代からでも生命保険に加入することができるのでしょうか。60代の生命保険事情と加入のポイントをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。また、すでに生命保険に加入している方に、保険を見直すポイントについても解説しますので、資産を賢く活用して将来に備えていきましょう。

アイキャッチ

生命保険の必要性

生命保険とは、死亡や病気などのさまざまなリスクに備えて加入する保険全体のことを指します。医療保険やがん保険、個人年金保険なども「生命保険」の一種ですが、被保険者が死亡したときに受取人が保険金を受給する保険商品のことだけを指して「生命保険」と呼ぶことがあります。この狭義の生命保険は「死亡保険」とも呼ばれ、主に遺された家族の生活費に充当することを目的として契約されます。

60代になると、お子さんは独立し、教育費の負担からは解放されている方が多いのではないでしょうか。また、退職している方ならば、退職金で住宅ローンの残債を清算したという方もいらっしゃるでしょう。

子どもの生活に不安がなく、夫婦の年齢にあまり差がない場合は、生命保険金によって自分の葬儀代が賄える程度のお金を準備することができるでしょう。どの程度の葬儀を希望するかにもよりますが、夫婦二人で200~300万円程度が相場です。

夫婦の年齢に差がある場合、特に妻の年齢が夫よりも若い場合は、年金では不足するだろうと思われる妻の生活費を生命保険で用意しておくことができます。女性は男性よりも平均寿命が7年弱ほど長いので、夫よりも5歳年下の妻ならば12年ほど一人で生活する可能性があります。一人になった時の年金受給額を計算し、不足しそうな金額を算出してみましょう。

60代の生命保険料平均額

生命保険文化センターの調査によれば、世帯主が60歳~64歳の世帯で個人年金保険を含む生命保険に加入している世帯は92.1%、65歳~69歳の世帯では89.5%でした。

また、年間の払込保険料は、世帯主が60歳~64歳の世帯で43.9万円、65歳~69歳の世帯で33.8万円でした。これらのデータから、毎月平均3~4万円の保険料を支払っている家庭が多いと推測できます。

生命保険金(死亡保険金)については、世帯主を被保険者とする場合、世帯主が60歳~64歳の時は平均1,287万円、65歳~69歳の時は平均857万円でした。一方、世帯主の配偶者を被保険者とする場合は、世帯主が60歳~64歳の時で平均757万円、世帯主が65歳~69歳の時で平均559万円でした。このことから、夫が早く亡くなる場合を想定して、夫の保険金を多めに備えている家庭が多いことが伺えます。

60代が生命保険を選ぶ際のポイント

死亡保険2

60歳以降から加入できる生命保険は少なくありません。しかし、20代、30代で加入する場合と比べると病気や死亡のリスクが高いため、どうしても毎月の保険料が高額になってしまいます。

保険料が高すぎて家計に影響が出てしまうのでは困ります。次の2つのポイントに注意し、無理のない範囲で生命保険を検討してみましょう。

高額な生命保険は不要

お子さんの教育費がかからない状態なら、あまりにも高額な死亡保険金は不要である可能性があります。葬儀代と、遺された配偶者の年金不足分程度の生活費を賄える金額があれば充分である方もおられるでしょう。

年齢が高くなるほど不安が増すのが介護問題ですが、介護保険や認知症保険に加入して備えておくこともおすすめです。なお、介護保険や認知症保険では、要介護認定や認知症の診断を受けたときに保険金が支払われる保険商品であることが一般的です。

入所費用が高額な施設に入る予定がない場合は、介護保険や認知症保険で高額な保険金を用意する必要はないかもしれません。介護用ベッドや車いすなどの介護用品を購入する際に必要な金額として、100万円前後の保険金を設定しておいても良いでしょう。

保険料を抑えられる保険を選択

生命保険によっては、保険金の金額を調整できるものもあります。もちろん保険金額を高額に設定するほど毎月の保険料が高くなるので、月々の負担を少しでも減らしたい方は保険金額を選べるタイプの保険を選択し、保険料を低めに設定することも検討して見ては如何でしょうか。

60代は、現役世代と比べると子どもの教育費や住宅ローンなどから解放されて支出が減る方も多いですが、半面、年金以外の収入がない場合に、経済的な不安を感じる世代でもあります。万が一に備えることも大切ですが、日々の生活を守ることも同じように大切であるため、生活費に不安がある方は極力保険料を抑える方向で保険を検討しましょう。

60代におすすめの生命保険

60代の方は、どのような生命保険を選択肢として考えれば良いのでしょうか。月々の負担が少なく、将来の不安に応える保険をいくつか紹介します。

掛け捨て型生命保険

生命保険は、保険金を何らかの形で受け取ることができる「貯蓄型」と、特定の条件を満たさないと保険金を受け取ることができない「掛け捨て型」の2つに大別できます。貯蓄型は毎月の保険料の一部が必ず戻ってくるタイプであり、掛け捨て型の終身死亡保険は、場合によっては保険金を受け取れないタイプの保険商品です。

ただし、貯蓄型の保険は保障内容と比べて保険料が高めに設定されています。特に現役時代よりも収入が下がった60代の方には、貯蓄型の保険は負担になるかもしれません。各々の生活事情や希望に応じて、どちらを選択するかを検討していただく事をおすすめします。

少額の終身型生命保険

保険商品の中には、保障期間が有期のものもあります。今後別の保険に変えようと思っている方や、保険金を受け取れなくても構わないと考えている方にとっては、保障期間が有期でも特に問題はないかもしれません。

しかし、加入時点の年齢が高くなればなるほど保険料が高くなるため、70歳、80歳になってから見直すのはあまり現実的とは言えないでしょう。また、年齢を重ねるほどに死亡や病気のリスクは高まりますから、保障期間を限定してしまうと保障が必要なときに保険金が支払われない可能性があります。60代から新たに加入する場合は、保障期間が終身の終身型生命保険も検討できるでしょう。

終身保険は保険料が一生涯変わらないため、家計を立てやすいというメリットもあります。また、保険料の払込期間を選択できるので、早めに支払ってしまって70代以降は保険料の負担なしに保障だけ受けるということも可能です。もちろん保険料が高額過ぎると生活を圧迫しますので、無理なく払える程度の保険料に設定するようにしてください。

自分に合った保険選びのためには保険の専門家に相談

死亡保険3

60代といっても、100の家庭があれば100の生活があります。まだ子どもが学齢期で学費が必要な家庭もありますし、一人暮らしで介護を頼る相手がいない方もいらっしゃるでしょう。数ある生命保険の中からご自身やご家族に合う保険を選ぶために、保険に詳しい専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

保険の代理店では、保険会社の枠を超えてさまざまな保険商品を熟知したスタッフが、お客様のライフプランや家族構成、ニーズに合わせて保険を紹介します。「保険金はどの程度必要か」「特約はつける必要があるのか」などの疑問にもお答えし、不安なく保険に加入できるお手伝いをしています。お気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

生命保険を見直す方法

すでに生命保険に加入している方も、一度、保障内容や保険料を見直してみてはいかがでしょうか。保険業界は利用者のニーズに合わせて日々変化しているため、保険商品も時代に合ったさまざまな保障を提供できるものへと進化しています。上述の「保険見直し本舗」では、新規のご契約だけでなく既存保険の見直しにも対応していますので、相談してみてはいかがでしょうか。

保険額を増額

現在加入している保険の保険金額は十分でしょうか。医療や介護にかかる費用も高額になっているため、もしかしたら以前の保険金額では不十分かもしれません。解約するのではなく、保険金額を増額する事で保障を充実する事ができないか相談してみましょう。

ただし、保険金額を増額すると当然月々の保険料が高額になってしまいます。保険金額を増やしつつ保険料を抑えたい場合は、保障内容を見直して、不要と思われる特約を外すことも検討してみましょう。

終身保険部分のみ継続

もし現在加入している保険が「定期保険特約付き終身保険」なら、特約を外して終身保険の部分だけを残すことで月々の保険料を大幅に抑えることもできます。

定期保険特約付き終身保険とは、保険料払込満了までに死亡すると高額な死亡保険金(1,000~5,000万円ほど)を受け取れるものの、保険料払込満了後に死亡するとごくわずかの死亡保険金(100万円程度)しか受け取れないという商品です。保険料払込満了の時期が60歳~65歳程度の比較的若く、死亡リスクが低い時期に設定されるため、ほとんどの方が少額の死亡保険金しか受け取れないという特徴があります。

保険料の大半は満了時期までに死亡した場合の保険金(特約部分)のために支払われているので、受け取れる可能性が高い満了後に死亡した場合の保険金(終身保険部分)の契約だけを残すことで、大幅に保険料を抑えることができるでしょう。

60代は少額の保障額にして保険料を安く抑えましょう

60代は、退職して収入がスリムダウンする時期です。出費全般を見直して、家計のスリム化も検討すると共に保険も必要度が低いと思われる特約を解約したり、掛け捨て型の保険に切り替えたりすることで、スリム化を図ってみてはいかがでしょうか。疑問点は保険見直し本舗での無料相談などを活用して解消し、安心と保障を準備していきましょう。

※本記事で記載されている内容は、専門家によって見解が異なることがあります。

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-認知症に備える

関連記事

認知症の生命保険
認知症は生命保険で備えられる?認知症保険の選び方とおすすめの相談先まで徹底解説

「親が認知症かもしれないし、保険を検討した方が良いかな」「認知症は生命保険で備えができるのだろうか」と悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。しかし、実際どのように生命保険を選べば良いのか分から ...

認知症に備える

2022.02.01  

認知症保険
認知症保険比較。主要8保険会社の保険商品と公的介護保険を詳しく解説

近年、取り扱う保険会社も増えてきた「認知症保険」を比較し、保障内容や特徴、毎月の保険料などについて解説します。また、そもそも認知症保険とはどのような保険商品なのか、認知症を発症したときにどのような公的 ...

認知症に備える

2022.01.31  

business
民間介護保険の中で安いとされる保険商品10選。加入率と加入年齢も解説

自分や自分の親が年齢を重ねていくと、健康面や経済面の不安から民間の介護保険に加入しようと考える方が多いかと思います。一方、でどの保険が自分や家族にとって適しているかを見極めるのはなかなか難しい作業だと ...

認知症に備える

2022.05.04  

認知症の費用は年間でいくら必要か。高額費用で家族の負担にも

日本において年々増加している認知症患者は、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が発症すると言われています。そんな認知症で大きな問題となっているのが治療費用や介護費用です。認知症は長期にわたって ...

認知症に備える

2021.04.12  

安い認知症保険
認知症保険は安いものが良いとは限らない!正しい選び方とおすすめの相談先を解説

「認知症保険を検討していて、なるべく安い保険に入りたい」と考えている方が多いのではないでしょうか。しかし、認知症保険の中でなるべく安くて良いものを探そうとしても、保険の選び方や特徴がわからず、不安な気 ...

認知症に備える

2022.01.31