若年性アルツハイマーの初期症状とは?原因や予防法についても解説

 

 

 

若年性アルツハイマーとは

若年性アルツハイマー病とは、一般的なアルツハイマー病と同様の症状を示すが、発症年齢が比較的若いことが特徴の認知症です。

通常、アルツハイマー病は65歳以上の高齢者に多く見られますが、通常、若年性アルツハイマー病は40〜65歳の間に発症するケースを指します。

 

若年性アルツハイマー病は、一般的なアルツハイマー病と同様に、記憶障害、判断力の低下、言語能力の喪失、日常生活能力の低下などの症状が現れます。

しかし、若年性アルツハイマー病の場合、初期症状が一般的なアルツハイマー病と異なることがあり、非定型的な症状が現れることがあります。

 

若年性アルツハイマーの初期症状(アルツハイマーとの違い)

アルツハイマー病と若年性アルツハイマー病は、多くの初期症状が共通していますが、若年性アルツハイマー病では非定型的な症状が現れることがあります。

以下に、両者の初期症状の違いを説明します。

 

アルツハイマー病の初期症状

  • 記憶障害(特に短期記憶の喪失)
  • 言語能力の低下
  • 判断力の低下
  • 計画立案や問題解決能力の低下

 

若年性アルツハイマー病の初期症状

  • 記憶障害: 短期記憶の喪失や物忘れが増えることがあります。特に最近の出来事や会話を思い出すのが困難になります。
  • 言語能力の低下: 話す言葉や文章の構築が難しくなり、単語を見つけるのが困難になることがあります。
  • 判断力の低下: 日常生活における判断や問題解決能力が低下します。例えば、財務管理や仕事上の判断が困難になることがあります。
  • 視空間認知障害: 物の位置や距離の認識が困難になり、迷子になることが増えたり、物にぶつかることが多くなることがあります。
  • 行動・性格の変化: 怒りっぽくなったり、鬱症状が現れることがあります。また、以前は興味を持っていた趣味や活動に興味を示さなくなることもあります。
  • 協調運動の障害: 手先の器用さが失われ、ボタンをかけることや書くことが難しくなることがあります。

 

若年性アルツハイマー病では、初期症状として視空間認知障害行動・性格の変化協調運動の障害が現れることがあります。

これらの症状は、一般的なアルツハイマー病よりも若年性アルツハイマー病において顕著に現れることがあるため、若年性アルツハイマー病の初期症状として特徴的です。

 

ただし、個々の患者によって症状の現れ方は異なるため、症状が重なる場合もあります。

どちらのタイプのアルツハイマー病でも、早期発見と適切な治療が症状の進行を遅らせる上で重要です。

 

若年性アルツハイマーの原因

若年性アルツハイマーの原因は複雑で、明確に特定されているわけではありません。

しかし、遺伝的な要因が関与することが多く、主要な原因の一つとされています。

 

また、遺伝子に加えて、環境的な要因もアルツハイマー病のリスクを増加させる可能性があります。

喫煙肥満高血圧糖尿病などの生活習慣病は、アルツハイマー病の発症に関与することが報告されています。

 

さらに、脳に対する慢性的なストレスや脳外傷も、アルツハイマー病の発症に関連していると考えられています。

 

若年性アルツハイマーの治療法

若年性アルツハイマーの治療法には、現在のところ特効薬は存在していません。

 

しかし、症状の進行を遅らせるための治療法や症状緩和のための治療法があります。

薬物療法には、コリンエステラーゼ阻害薬NMDA受容体拮抗薬があります。

 

また、認知症行動療法や認知症介護マネジメントなどの非薬物療法もあります。

いずれにせよ、早期の診断と治療が、アルツハイマー病の進行を遅らせるために重要です。

 

若年性アルツハイマーの予防法

若年性アルツハイマーの進行を遅らせるためには、健康的な生活習慣を維持することが重要です。

健康的な食事や運動、禁煙、ストレスの軽減などがアルツハイマー病の進行抑制につながるとされています。

また、社交的な活動や認知トレーニングなど、脳を刺激する活動も効果的であるといわれています。

 

最近では、健康的な食生活がアルツハイマー病の予防に有効であるとする研究があります。

食品中の抗酸化物質や抗炎症物質がアルツハイマー病を予防することが知られています。

例えば、魚介類、ナッツ、オリーブオイル、果物、野菜などが推奨されています。

 

総じて、若年性アルツハイマー病の予防と治療には、早期の診断と健康的な生活習慣が不可欠であるといえます。

また、遺伝的な要因が関与することが多いため、家族歴がある場合は遺伝子検査を受けることが推奨されます。

最新の治療法や予防法については、専門医に相談することが重要です。

 

認知症は早期発見と定期的なセルフチェックが重要

若年性アルツハイマーは、症状が進行しやすく、認知症が進む速度が速いことが知られています。

そのため、若年性アルツハイマーの早期発見は非常に重要です。

早期発見することで、治療の選択肢が広がり、病気の進行を遅らせることができるといわれています。

 

また、早期発見により、病気による家族や社会への負担を減らすことができます。

そして、早期発見には定期的に自らの認知機能の状態を把握しておくチェックすることが重要になります。

MCI段階で発見すれば進行を抑制できる

認知症の一歩前の段階にMCI(軽度認知障害)という状態があります。

物忘れなど認知症に見られる症状が出ているものの、その程度は軽く周囲に影響を及ぼすほどではない状態です。

 

 

しかし、軽度とはいえMCIを放置すると、その中の約1割の方は1年以内に認知症を発症すると言われています。一方で、もしMCI段階で適切な治療を施すことができれば、健常な認知機能まで回復する可能性が14〜44%もあるとされています。

 

つまり、若年性アルツハイマーを深刻化させないためには、少しの認知機能の変化に気づき、適切に対応することが有用であると考えられます。

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-アルツハイマー型認知症, 若年性認知症

関連記事

認知症とアルツハイマーの違いとは?原因や特徴について解説

認知症とアルツハイマー病は、高齢者に関連する脳の機能低下について話題に上ることが多いですが、両者の違いについては一般的に理解されていないことがあります。 中には、認知症とアルツハイマー病を混同されてい ...

女性のアルツハイマー型認知症はストレスによって悪化する?主な原因を三つ紹介

  アルツハイマー型認知症は最も一般的な認知症の種類の一つであり、男性より、女性のほうが発症率が高いと言われています。   しかし、女性がアルツハイマー病にかかりやすい理由はまだ解 ...

若年性認知症とは?若年性認知症の原因や症状、診断,治療方法について解説

近年、高齢者の認知症が社会問題となっていますが、認知症は年齢に関係なく発症する可能性があります。   若年性認知症とは、40歳代から60歳代の中年期に発症する認知症を指します。 この病気は、 ...

若年性認知症

2023.12.31  

アルツハイマー型認知症は進行段階と進行速度を解説。アルツハイマー型認知症の原因は?

アルツハイマー型認知症は、高齢者における認知機能低下や行動変化が特徴の神経変性疾患で、現代社会において高齢化が進むにつれて問題となる病気です。   本記事では、アルツハイマー型認知症がどのよ ...

アルツハイマー型認知症になりやすい人の特徴や性格とは?チェックリストで自己確認

  日本では、高齢化社会の進展とともに高齢になるにつれて発症リスクが高まるとされる「アルツハイマー型認知症」や「認知症」への関心が高まっていると言われています。   アルツハイマー ...