若年性アルツハイマーになりやすい人とは?特徴や症状の進行、予防法についても

 

 

若年性アルツハイマー病は、一般的には65歳未満の人々に発症するアルツハイマー病の一種です。

近年、若年性アルツハイマー病に関する研究や情報が増えてきており、徐々にその認知度も上がってきています。

しかし、多くの人々にとってはまだ十分に理解されていない病気であり、そのために早期発見や適切な対策がとられず、患者とその家族に大きな苦痛を与えることがあります。

 

若年性アルツハイマー病は、発症が早いために社会的な支援や治療にアクセスしにくいという課題も抱えています。

また、若い世代が患者であることから、家族や友人、職場などの周囲の理解が求められることが多く、さまざまな問題が生じることがあります。

 

この記事では、若年性アルツハイマー病の概要や、なりやすい人の特徴、予防策、早期発見と治療の重要性について解説します。

若年性アルツハイマー病について理解を深め、自分自身や大切な人の健康を守るために、正しい知識を身につけていきましょう。

 

 

若年性アルツハイマー病とは

若年性アルツハイマー病は、一般的なアルツハイマー病と同様に、脳の神経細胞が徐々に損傷され、認知機能が低下する進行性の神経疾患です。

 

しかし、その発症年齢が65歳未満であるため、若年性アルツハイマー病と呼ばれています。

若年性アルツハイマー病は、全アルツハイマー病患者の約5%を占めるとされています。

 

アルツハイマー病と若年性アルツハイマー病の違い

アルツハイマー病と若年性アルツハイマー病の主な違いは、発症年齢にあります。

一般的なアルツハイマー病は、主に65歳以上の高齢者に発症しますが、若年性アルツハイマー病は65歳未満の人々に発症することが特徴です。

 

また、若年性アルツハイマー病は、遺伝的要因が強く関与していることが多いとされています。

 

若年性アルツハイマー病の症状と進行

若年性アルツハイマー病の症状は、一般的なアルツハイマー病とほぼ同様ですが、若年性のために働き盛りや家族を持っていることが多く、症状が現れた際の生活への影響が大きいことが特徴です。

主な症状は以下の通りです。

 

  • 記憶障害:特に短期記憶が低下し、日常生活での忘れ物や約束の放棄が増える。
  • 言語障害:言葉を思い出せなかったり、会話が難しくなる。
  • 判断力の低下:日常的な判断や問題解決が困難になる。
  • 視空間認知障害:物の位置や距離を把握するのが難しくなる。
  • 精神症状:イライラ、不安、抑うつなど

 

どの症状もアルツハイマー病と似ていますが、若年性アルツハイマー病の場合、症状の進行が速い傾向にあります。

 

また、若年性アルツハイマー病患者は高度な認知機能が低下することが一般的であり、仕事や家庭での役割を果たすことが困難になる可能性があります。

 

若年性アルツハイマー病の進行は個人差がありますが、一般的には以下のような経過をたどります。

初期症状:記憶障害や判断力の低下が徐々に現れ始める。家族や周囲の人が変化に気づくことがある。

中期症状:言語障害や視空間認知障害が進行し、日常生活に支障をきたすようになる。自己管理が難しくなり、介護が必要になることが多い。

後期症状:全身の筋力低下や失禁、摂食困難などが現れ、完全な介護が必要になる。最終的には認知機能の低下が進み、意思疎通が困難になる。

 

若年性アルツハイマー病になりやすい人の特徴

若年性アルツハイマー病には、遺伝的要因や環境的要因、生活習慣の影響が関係しているとされています。

以下に、それぞれの要因について詳しく説明します。

遺伝的要因

アルツハイマー病には、遺伝的要因が関与していることが多く、若年性アルツハイマー病でも同様であるといわれています。

 

特に、遺伝子の変異によって、アミロイドβタンパク質やタウタンパク質の異常蓄積が起こり、それがアルツハイマー病の発症につながるとされています。

 

遺伝子変異を持つ人は、若年性アルツハイマー病の発症リスクが高くなることが知られています。

 

環境的要因

環境的要因も、若年性アルツハイマー病のリスクに影響を与えます。

特に、脳にとって有害な物質や環境汚染物質、紫外線などが関与していると考えられています。

 

また、過去の頭部外傷や、脳に影響を与える疾患や感染症の既往歴がある場合にも、若年性アルツハイマー病のリスクが高まるとされています。

 

生活習慣の影響

生活習慣も、若年性アルツハイマー病のリスクに影響を与えます。

特に、喫煙や過剰なアルコール摂取、不健康な食生活や運動不足などが関与しています。

 

これらの生活習慣は、脳や全身の健康に悪影響を与えることが知られており、若年性アルツハイマー病のリスクを高める要因の一つとされています。

 


 

以上の要因を考慮して、若年性アルツハイマー病のリスクを把握することが重要です。

特に、遺伝的要因がある場合は、遺伝子検査を受けて早期発見や予防策を検討することが望ましいです。

 

また、環境的要因や生活習慣については、改善することで若年性アルツハイマー病の発症リスクを減らすことができます。

 

予防策:リスクを減らすためにできること

若年性アルツハイマー病の発症を予防するためには、以下のような生活習慣の改善が有効であるとされています。

健康的な食事

野菜や果物、魚などの栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

また、過剰な脂肪や糖分、塩分を避けることも重要です。

 

適度な運動

運動不足は脳にも悪影響を与えます。

適度な運動を取り入れることで、血流を良くし、脳の健康を維持しましょう。

 

脳トレーニング

脳を刺激することで、認知機能を維持することができるといわれています。

クロスワードパズルや読書、新しいことに挑戦するなど、日常生活に取り入れて脳を活性化しましょう。

 

睡眠の質向上

睡眠は脳の健康に密接に関わっています。

規則的な生活リズムを作り、質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。

 

ストレス管理

ストレスは脳に悪影響を与えるため、適切にストレスを管理することが重要です。

ストレスを感じたら、リラックスするための時間を作り、心身ともにリフレッシュするようにしましょう。

 

これらの生活習慣の改善は、若年性アルツハイマー病のリスクを減らすことにつながるといわれています。

 

また、遺伝的要因がある場合は、遺伝子検査を受けて早期発見や予防策を考えることも重要です。

若年性アルツハイマー病は現在、治療法が限られているため、予防に努めることが大切です。

 

若年性アルツハイマー病は早期発見と定期的なセルフチェックが重要

若年性アルツハイマー病は、発症後に治療が難しく、認知機能の低下がアルツハイマー病よりも速く進行することが多いため、早期発見と治療が非常に重要です。

 

若年性アルツハイマー病は、早期に発見して適切な治療を施すことで、その進行を遅らせられる病気です。

 

そして、早期発見には定期的に認知機能をチェックすることで、状態変化を把握しておくことが重要になります。

MCI段階で発見すれば進行を抑制できる

若年性アルツハイマー病の一歩前の段階にMCI(軽度認知障害)という状態があります。

物忘れなど認知症に見られる症状が出ているものの、その程度は軽く周囲に影響を及ぼすほどではない状態です。

 

 

しかし、軽度とはいえMCIを放置すると、その中の約1割の方は1年以内に認知症を発症すると言われています。一方で、もしMCI段階で適切な治療を施すことができれば、健常な認知機能まで回復する可能性が14〜44%もあるとされています。

 

つまり、若年性アルツハイマー病を深刻化させないためには、少しの認知機能の変化に気づき、適切に対応することが有用であると考えられます。

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-アルツハイマー型認知症, 若年性認知症

関連記事

アルツハイマー型認知症は進行段階と進行速度を解説。アルツハイマー型認知症の原因は?

アルツハイマー型認知症は、高齢者における認知機能低下や行動変化が特徴の神経変性疾患で、現代社会において高齢化が進むにつれて問題となる病気です。   本記事では、アルツハイマー型認知症がどのよ ...

若年性認知症とは?若年性認知症の原因や症状、診断,治療方法について解説

近年、高齢者の認知症が社会問題となっていますが、認知症は年齢に関係なく発症する可能性があります。   若年性認知症とは、40歳代から60歳代の中年期に発症する認知症を指します。 この病気は、 ...

若年性認知症

2023.12.31  

女性のアルツハイマー型認知症はストレスによって悪化する?主な原因を三つ紹介

  アルツハイマー型認知症は最も一般的な認知症の種類の一つであり、男性より、女性のほうが発症率が高いと言われています。   しかし、女性がアルツハイマー病にかかりやすい理由はまだ解 ...

認知症とアルツハイマーの違いとは?原因や特徴について解説

認知症とアルツハイマー病は、高齢者に関連する脳の機能低下について話題に上ることが多いですが、両者の違いについては一般的に理解されていないことがあります。 中には、認知症とアルツハイマー病を混同されてい ...

若年性アルツハイマーの寿命、余命が短いと言われるのはなぜ?なぜ亡くなる?理由を解説

    目次 Toggle 若年性アルツハイマーとは若年性アルツハイマーの寿命、余命が短いと言われる理由その他の認知症における平均寿命との比較若年性アルツハイマー早期発見の重要性M ...