認知症が一気に進む原因とは?ストレス、薬、睡眠不足一気に進む原因?対策についても解説

認知症は高齢者に多い病気であり、症状が徐々に進行することが一般的です。

しかし、場合によっては認知症が一気に進むことがあります。

 

本記事では、認知症が急速に進行する原因を探り、予防と対策について考察します。

 

 また、認知機能検査を実施しているお近くの医療機関は、こちらからお探しください。

 

 

 

認知症の進行を早める要因

認知症が急速に進行する要因として、ストレス薬物の影響睡眠不足が挙げられます。

これらの要因は、脳の働きに影響を与え、認知症の進行を加速させることがあります。

 

認知症が一気に進む原因要因①ストレス

ストレスは、脳の神経細胞に悪影響を与えることがあります。

慢性的なストレスは、脳の血流が低下し、酸素や栄養素が不足することで、認知症の進行が早まる可能性があります。

 

認知症が一気に進む原因②薬物の影響

一部の薬物は、認知症の進行を早めることがあるとされています。

特に抗コリン薬や睡眠薬、抗不安薬などは、脳機能に影響を及ぼすことが知られています。

 

長期間の使用や過剰な摂取が、認知症の症状を悪化させる可能性があるため、注意が必要です。

処方された薬の副作用に関しては、医師や薬剤師と相談してください。

 

認知症が一気に進む原因③睡眠不足

睡眠は、脳の回復や維持に重要な役割を果たします。睡眠不足は、脳の働きを低下させ、神経細胞の損傷を招くことがあります。

 

また、長期的な睡眠不足は、アルツハイマー病などの認知症のリスクを高めることが研究で示されています。

 

質の良い睡眠を確保することで、認知症の進行を遅らせることができる可能性があります。適切な睡眠環境を整え、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

 


 

以上のリスク要因以外にも年齢遺伝頭部の外傷といったことが、認知症の進行を早める原因にもなります。

ただし、個々の状況や体質によって、これらの要因が認知症の進行にどれほど影響を及ぼすかは異なります。

 

適切なケアとサポート

認知症患者に対する適切なケアとサポートは、症状の進行を遅らせることに役立ちます。

適切な医療ケアや栄養バランスの良い食事、運動、そして社会的なつながりの維持が重要です。

 

家族や介護者が患者の状況を理解し、適切なケアを提供することで、認知症の進行を緩やかにすることができます。

 

認知症が一気に進む前にできること

認知症が一気に進むことを防ぐためには、日常生活の中でストレスをためないように意識をしたり、1日7〜8時間程度の十分な睡眠時間をしっかり確保することが大切であると言われています。

また、認知症は、早期に発見して適切な治療を施すことで、その進行を遅らせることのできる病気です。

 

そして、早期発見には定期的に認知機能をチェックすることが重要になります。

MCI段階で発見すれば進行を抑制できる

認知症の一歩前の段階にMCI(軽度認知障害)という状態があります。

物忘れなど認知症に見られる症状が出ているものの、その程度は軽く周囲に影響を及ぼすほどではない状態です。

 

 

しかし、軽度とはいえMCIを放置すると、その中の約1割の方は1年以内に認知症を発症すると言われています。

 

一方で、もしMCI段階で適切な治療を施すことができれば、健常な認知機能まで回復する可能性が14〜44%もあるとされています。

 

つまり、認知症を深刻化させないためには、恒常的に少しの認知機能の変化に気づき、適切に対応することが有用であると考えられます。

 

 認知機能検査を実施しているお近くの医療機関は、こちらからお探しください。

 

『認知機能セルフチェッカー』は「自分ひとりで、早く、簡単に」をコンセプトに認知機能低下のリスク評価ができるヘルスケアサービスです。40代以上の健康な方たちを対象に、これまでにない新しい認知機能検査サービスを提供しています。お近くの医療機関でぜひご体験ください。

-認知症の原因

関連記事

科学的に認知症になりやすい性格とは?具体的な特徴やなりにくい性格、予防対策についても

  厚生労働省の推計によると、2025年までに高齢者の5人に1人が認知症を発症すると予測されています。   年齢や脳の疾患など、認知症の原因は多岐にわたりますが、正確な原因はまだ明 ...

女性のアルツハイマー型認知症はストレスによって悪化する?主な原因を三つ紹介

  アルツハイマー型認知症は最も一般的な認知症の種類の一つであり、男性より、女性のほうが発症率が高いと言われています。   しかし、女性がアルツハイマー病にかかりやすい理由はまだ解 ...

認知症になると甘いものばかり食べる?予防に効果的なお菓子・フルーツ4選

  アイスクリームやチョコレート、クッキーなどの甘いものは依存性が高いため、過剰摂取しやすいと考えられています。   甘いものは、幸せホルモンとされるセロトニンやドーパミンなどの生 ...

喫煙が認知症の発症リスクを高める?非喫煙者は認知症リスクが低い?受動喫煙や頻度の関係、禁煙対策についても

  厚生労働省によると、喫煙は成人の主要な死因であり、全がん、慢性呼吸器疾患、糖尿病、歯周病、循環器疾患などの病気を引き起こすとされています。   これらの疾患に加えて、喫煙が認知 ...

睡眠不足、寝不足が認知症のリスクを上げる?睡眠障害や睡眠薬の影響、改善方法なども解説

認知症は、様々な原因が発症に関与しているといわれています。   その中で、「睡眠不足」は最近注目されている原因の一つです。睡眠不足は、現代社会において広く見られる健康問題であり、その影響は我 ...